加齢と共に毛穴がたるんで目立つようになってしまいました

加齢で毛穴がたるむ
30代になったくらいから鼻の毛穴が目立つようになってきてしまって、何でだろうと原因を究明する為にネットで情報収集をしたら、加齢により肌がたるんでしまい毛穴が目立ちやすくなるそうです。

それに毛穴が開いてしまう傾向があり、その結果汚れや皮脂が詰って黒ずんでしまったりするということでした。

なのでとにかく肌の保湿とたるみの解消といったアンチエイジング対策をすることが毛穴の目立ちを改善する為に必要なことだと言えます。

たるみ解消の為にせっせとマッサージをしているのですが、そんなにすぐには効果は出ません。だから地道に続けていこうと思っています。

また洗顔の方法にしても私はお湯を使えばたるみ毛穴がより開いて汚れがよく落ちるとゴシゴシ洗っていたんですが逆効果だったみたいです。

お湯は必用な皮脂まで落としてしまうし、汚れはゴシゴシ擦ると肌へダメージを与えてしまうので泡をしっかり立てて優しく洗うことがポイントだということでした。

洗顔なんて自己流でやっていましたが、正しい知識というのはとても重要なのだとシミジミ思いました。あと肌にあった洗顔料や化粧品もしっかり探さないといけないと今更ながらに思います。

参照:http://xn--navi-f73cucthzl3328bd3b867d068d.com/type/tarumi.html

毛穴の汚れの正体について思うこと

身体の中でどこの毛穴が気になるかと問われたら、私なら顔の毛穴が気になると答えます。そして、主に鼻の周辺の毛穴が気になります。

鼻の脇とか小鼻のちょっと引っ込んでいるあたりなんて、指先で丁寧に洗っているにもかかわらず毛穴に汚れが詰まっているので気になります。

あまりにも鼻の周辺の毛穴の汚れが気になると、思わず爪を使ってひっかくようにその毛穴汚れを取り出そうとしてしまうのですが、これは肌のためにやってはいけないことなんですよね。

やってはいけないことだと分かっていても、毛穴に汚れが詰まっている様子を見るとほっておくことができません。

見て見ぬふりができないのでついつい爪を使ってしまうのですが、その時一時的に毛穴に詰まったモノが取れたとしても翌日にはまたそこに汚れが詰まっているのでキリがないのです。

そしてこういう経験を何度も重ねていると、毛穴に詰まっている汚れは肌から出ている皮脂だということがわかるようになります。

そればかりではないことも分かっていますが、メイクの汚れが詰まって毛穴が汚れるほかにも毛穴が汚れる原因はあるのです。

毛穴の汚れや角栓を取りたい!

毎日きちんと洗顔もしているし、しっかりメイクも落としているつもりなのに、何故か毛穴に汚れがたまる、気付いたら角栓になってしまった…という方は多いと思います。

そこで、毛穴の汚れを取るためのおすすめのケア方法をご紹介します。

手に入りやすく、最も手軽にできるのがオイルマッサージです。オイルと言っても、メイク落としに使用するクレンジングオイルではありません。

市販の食用のエキストラヴァージンオリーブオイルを使用します。界面活性剤が入っていないので、メイク落としのクレンジングオイルに比べて肌にやさしいですし、メイク落としに比べて安価なのでお財布にもやさしいです。

まずはあらかじめ濡れタオルをレンジなどで温めておき、そのタオルで顔を温めて毛穴を開いておきましょう。

そしてオイルを顔につけて少しなじませてから、オイルクレンジングと同じようにくるくるとやさしくマッサージします。決してゴシゴシと力を入れたりしないのがポイントです。

終わったら、オイルを濡らしたコットンなどで拭き取り、オイル分が残らないように石鹸でしっかりと洗い流します。

一度で全ての角栓が取れるわけではありませんので、根気よく毎日続けましょう。

毛穴の角栓ケアは重曹が便利

汗でメイクが崩れやすい夏は、小鼻周りの黒ずみや毛穴の大きさが気になります。毛穴の角栓ケアや黒ずみは、重曹を使って解消できます。

重曹は、化学物質が含まれた洗剤などと違い、手に優しいので、家の掃除に使っている人も多いのではないでしょうか。

手に優しい天然成分である重曹なので、顔にも優しく、安心して使うことができます。

使い方は簡単です。重曹を何か小さい容器に小さじ1杯くらい取りだし、同量の水で混ぜておきます。

混ぜると言っても、重層は水にはとけないので、じゃりじゃりとした状態になるだけです。

洗顔後に、毛穴のケアをしたい部分に蒸しタオルを乗せて、十分に毛穴を開かせます。

そして重曹を水を混ぜたものをその部分に乗せ、5分~10分くらい放置します。

このとき、スクラブのような感覚で、ごしごしこすりたくなりますが、皮膚を傷めるので、ただ放置するだけです。

あとはそっと洗い流せば終了です。くれぐれもお肌に重曹を残さないように、こすらなくてもいいですが、しっかりと洗い流すことが大切です。

このまま化粧水などの普段のお手入れをして良いのですが、その後に冷たいタオルを乗せて毛穴を引き締めると、より一層効果的です。

食用の重曹よりも掃除用の物の方が洗浄力が強いですが、その分刺激も強くなるので、敏感肌の人は食用を使うことをお勧めします。

毛穴隠しはカバー力が重要です

化粧していると、時間が経った時に鼻の毛穴が目立つことがよくあるので何かしらカバーできないかな?と悩んでいました。

40歳過ぎた頃から毛穴の開きが目立つようになり、化粧品も保湿力やカバー力を重視して選ぶようになったんですが、暑い時期などは汗で化粧が崩れることもあり、とても困っていました。

化粧直しもお昼休み時間くらいなので、毛穴が目立った時のケア方法など何か良い方法はないか探しているとアラフォー向けの下地クリームがあったので利用してみることにしました。

サラッとしているので下地として使用してみると、毛穴が綺麗に隠れますし、リキッドファンデーションも綺麗に馴染むのでこれはとても使いやすいです。

サラッとしているので化粧崩れもなく安心して日中過ごせます。昼休み時間の化粧直しも脂取り紙で余分な油脂を取り、軽く粉をはたく程度で良いので手軽にできるし便利です。

色々と活用してみましたが、カバー力がしっかりとしている化粧下地を利用することで化粧崩れも防ぎ快適に過ごせるようになり充実した日々を過ごせるようになりました。